メンズ

技術力の高い業者にpc復旧を依頼|企業のITサポート

メールによる連絡について

電子メール

企業において、メールというのは利便性の高い連絡手段です。多くの企業はメールを用いて、業務に関する連絡や取引先との段取りなどを行っているでしょう。その時に使用するメールというのは、インターネットを媒体とするウェブメールかメールソフトを利用したメールかと思います。それぞれのメールには異なった特徴があり、そのメリット・デメリットも異なります。ここでは、その違いについて知っていきましょう。
企業の使用するメールの一つであるウェブメールは、ブラウザで利用できるメールです。インターネット環境が整っていれば、パソコンや携帯電話、スマートフォンからメールの送受信を行うことができます。また、無料である場合が多く、導入コストが掛かりません。何より、面倒な設定なしで簡単に利用できるというのは、大きなメリットでしょう。デメリットとして、インターネット環境が無ければ利用できないといった点が挙げられます。その他にも、メールアカウントへのログインのためにIDやパスワードの入力が必要なるといったデメリットも存在します。また、保存期間が設定されているため、保存期間を過ぎた古いメールから順に自動的に削除されていきます。そのため、重要な内容のメールが消えてしまう可能性があるのです。有料のウェブメール保管箱を利用することで、残しておきたいメールを無期限に保管することが可能です。メールソフトを利用したメールの場合、インターネットに接続していなくても保存されているメールを確認することが可能です。また、ウェブメールと異なりIDやパスワードの入力が必要ないのです。しかし、導入時には設定が必要となるため、手間が掛かります。