メンズ

技術力の高い業者にpc復旧を依頼|企業のITサポート

ファイル転送業務の課題

背広の男女

企業内で行われている業務の一つに、ファイル転送業務と呼ばれるものが存在します。ファイル転送業務というのは、電子メールに転送したいデータファイルを添付し、送信するといった業務です。つまりは、データ送信を行う業務のことを指します。企業におけるファイル転送業務には、幾つかの解決すべき課題が存在しました。その課題というのは、電子メールによる大容量データ送信と、機密性の高いデータ送信にあります。
多くの企業は、電子メールで受信できるデータ容量に制限を掛けています。その制限を超えた容量のデータを添付し送信する場合、自動的に受信拒否されてしまいます。その制限容量は、約5MBと言われています。つまり、5MBバイト以上のデータファイルは送信できないのです。また、制限容量は5MBですが、ビジネスマナーにおいて電子メールに添付して送信しても良いデータ容量というのは2MB以内とされています。そうなると、大容量データファイルの送信を行うためには、データファイルを2MB以内に分割し複数のメールに分けてデータ送信を行う必要性がでてくるのです。それを行うには、とても長い時間が掛かるでしょう。機密性の高いデータファイルの送信に関しては、電子メールのセキュリティ性への不安が課題とされています。不正アクセスや誤送信等のリスクによって機密性の高いデータファイルの情報が漏えいしてしまう危険性があるのです。それらの問題は、ファイル転送サービスを利用することで解決することができます。ファイル転送サービスというのは、大容量データ送信及びセキュリティ性の向上を実現したデータ送信ツールです。